色素沈着の原因について

カミソリとムダ毛

 

色素沈着は肌へのダメージが慢性的に行われていると起きてしまいます。

毎日のカミソリによる刃物によるダメージ、毛抜きをしたときのダメージなど、
毎日肌にダメージを与えてしまうとできてしまします。

普通健康な肌であれば、肌のターンオーバー(28日間の肌サイクル)
によって色素沈着してしまった肌は老廃物として廃棄され、

新しい綺麗な肌と入れ替わります。

しかし、毎日のカミソリや毛抜きによるダメージが日々続けられていると、
常にメラニン色素が作られて、黒ずんだ肌がずっと残ってしまいます。

毎日の肌へのダメージが強ければ強いほど、
そしてダメージを与えてしまっている日々が長ければ長いほど肌の黒ずみがますます黒く、

そして範囲も大きくなってしまいます。このような状態になる前
にちゃんとしたムダ毛処理を行いましょう。

色素沈着してしまった肌は自分ではもちろん、医療施設でも
完治させることは難しく、一生残ってしまう可能性もあります。

そうなってしまうと、ムダ毛処理よりも手間がかかりますし、
治すためにはさらに大きなお金もかかってしまいます。

キレイを保ちたいと思ってムダ毛をカミソリ、毛抜きで処理すると、
余計自分の身体を汚くしてまっていることになります。

これでは本末転倒です。しっかりとしたムダ毛対策には毛抜き、カミソリでなく
脱毛エステ、もしくは医療脱毛ができるクリニックに任せる方が良いです。

※PS

本来、色素沈着は身体を守る働きです。

色素沈着はしみや黒ずみの原因にもなり、一見とても嫌な感じが
しますが、自分の身体を外部のダメージから守る役割を果たしています。

なんといっても紫外線からのダメージは人間の肌
にとってとても大きなものです。

色素沈着はメラニン色素(黒色の色素)から作られますが、
このメラニンによって紫外線からのダメージを軽減してくれています。

もしそのまま直接紫外線を浴びてしまうと赤く腫れてたり、
皮膚の皮がむけてしまったり、最悪は皮膚がんの原因にもなりかねません。

このような大切な役割も持っているので必ずしも厄介な物とは言い切れません。

むしろ、色素沈着させてしまうほどの肌へのダメージを
毎日のムダ毛処理で与えてしまっていることの方が
大変問題であることをしっかり認識をいたしましょう。

そして、肌への負担が少ない方法でしっかりケアを心がけましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ